税理士の相談はどこまで無料でできる?

税理士への無料相談について述べた税務相談関連インフォメーションサイト

>

税理士への無料相談のメリット・デメリット

税理士の概要

税理士とは、業務において第三者の住民票や戸籍謄本等を請求する職務上請求が可能な職業の一つであり、事業者や個人事業主、個人を問わず、依頼に応じて税務を請け負うため、税金関連業務のエキスパートであると言っても過言ではありません。

税金関連業務を専門的に扱う税理士ですが、基本的に税理士が請け負う業務は税務の代行であって、事業者や個人事業主、個人が自ら対応可能なら、絶対に税理士が行わなければならないわけではないにもかかわらず、職業として成立する件数の依頼がある理由は、日本に限らず税金関連の業務が煩雑極まりないことに起因しており、逆に言えば煩雑極まりない税務をこなすことができる場合、税理士の必要性は薄まるわけです。

主な税理士の業務内容

基本的な税理士の業務をシンプルに述べるなら、税務関連業務全般であり、具体的には、確定申告の代行や青色申告において控除を受けるためのサポートといった、税務の代理、確定申告や青色申告において控除を受けるための税務書類の作成、相談者の税金に関係した質疑に応答する税務相談、財務書類の作成や会計帳簿の記帳代行などの税理士業務に伴う会計業務などの業務が挙げられます。

加えて、医療費の控除に代表される税の控除に際して申告書を国税電子申告・納税システムで送信する場合の代理送信業務、税務訴訟上の弁護士への補佐業務、株式会社の計算関係書類の記載の正確さを担保する会計参与としての計算関係書類作成業務なども税理士の業務と言えるでしょう。


TOPへ戻る